CocoonとSWELL の比較!初心者はどっちのWordPressテーマを選べばいい?

最近、SNSでブログで始めたばかりの方の投稿を見かけたときに、WordPressテーマのCocoon(コクーン)とSWELL(スウェル) のどっちのテーマを使うかで迷っている方を見かけます。

というのも、今、WordPressテーマの人気ランキングの記事を見ると、CocoonとSWELL はダントツ上位なので、初心者さんはかなり迷ってしまう方が多いんですよね。

この記事を書いているわたしは、SWELLでもCocoonでもブログを運営しているので、どっちのテーマのメリット・デメリットがよく分かります。

ですので、この記事では、今、WordPressテーマで「Cocoon」を使うのか、「SWELL」を使うのか迷っている初心者ブロガー向けに、徹底比較をしていきたいと思います。

ちなみに、現在読んでいただいているこのブログのWordPressテーマはSWELL です。

それでは、二つの人気テーマの違いを見ていきましょう!!

\ 無料で使える /

\ おしゃれなブログを作れる/

contents

CocoonとSWELL の比較一覧

では、早速SWELLとCocoonの比較一覧を見ていきましょう。


SWELL

 Cocoon
開発者了さん(@ddryo_loosわいひらさん(@MrYhira
価格17,600円無料
ライセンス100%GPL
(1度の購入で複数サイトOK)
100%GPL
おすすめ用途個人ブログ・コーポレートサイト個人ブログ
ブロックエディター対応
公式サイトhttps://swell-theme.com/https://wp-cocoon.com/

SWELL とCocoonの大きな違いといえば、無料か有料かになります。

結構、SNSで迷われている人の多くが「SWELLが高い」ということをおっしゃっていました。

ただ、これからメリット・デメリットをお伝えするので、金額で検討するよりも、ご自身が作っていきたいWordPressのイメージ通りに作成できるテーマはどっちなのか?ということで考えてもらえたらと思います。

SWELL のメリット

SWELL を実際に使ってみて良かったところは以下の通りです。

  • 独自ブロックの進化
  • 誰でも簡単に見やすいブログを作成
  • 細かいデザインにもこだわれる
  • サイトの高速化すごい

独自ブロックの進化

SWELL は、ブロックエディター完全対応のWordPressテーマになります。

ちなみに、ブロックエディターは、WordPress5.0から導入された最新のエディターです。

ブロックエディターの前は、クラシックエディターというエディターが使われていました。

ですが、今後はブロックエディターを使うようにWordPress自体が推奨しております。

ですので、ブロックエディターが使いやすいWordPressテーマというのが、テーマ選びでは重要になります。

先ほどお伝えしたように、SWELL はブロックエディター完全対応のWordPressテーマです。

どんなWordPressテーマよりも、ブロックエディターの使いやすさは、SWELLが一番ではないかと思います。

画像引用元:SWELL公式サイト

というのも、開発者の了さんは、SWELLだけで使える独自ブロックが使いやすくなるように、日々改良してくださっています。

SWELLがバージョンアップするたびに、独自ブロックの進化が止まらないのがSWELLが最強なところだと、わたしは思っています。

今までいろんなWordPressテーマを使ってきましたが、ブロックエディターの機能が充実しているのは、SWELLだけです。

誰でも簡単に見やすいブログを作成

SWELLは、使いやすさも最強なポイントになります。

特にWordPressを今まで触ったことがない人でも、カスタマイズ画面を少しいじれば、見やすいブログを作成することができます。

WordPressのダッシュボードから、「外観」→「カスタマイズ」を開いて、必要な場所の設定を行えば、すぐにブログが完成します。

上記のカスタマイズをいじっていけば、サイト全体のカラー設定・ロゴやヘッダー画像の設置・フッター色の変更などが行えます。

ちなみに、わたしのYouTubeチャンネルでは、SWELLのインストールからブログを投稿できる状態になるまでの設定方法を解説しています。

WordPressテーマをSWELLに決定した際には、こちらの動画を見ながらインストールや初期設定を行なってくださいね♪

細かいデザインにもこだわれる

SWELLでは、「ここをもうちょっとこうしたかった」みたいな細かいデザインもできるようになっています。

どういうところかと言うと、デバイスコントロールとかブロック下の余白量とかの設定です。

デバイスコントロールというのは、ブロックをPCのみ表示させたりスマホだけ表示させたりすることができる機能です。

こういったデバイスごとの表示・非表示は、プラグインを導入しないとできないことになります。

ですが、SWELLは元々の機能についているので、プラグインの追加をしなくて良いのは嬉しいところです。

他には、フルワイドを使ったオシャレなレイアウトなんかも、SWELLでは一瞬で完成します。

上記のような画面の横幅をフルに使って見せられるレイアウトができて、さらに区切り部分を斜線・波線・円・ジグザグに変えることができます。

サイトの高速化がすごい

SWELLは、サイトの高速化についてもかなり力を入れているテーマになります。

というのも、WordPress高速化専門家のスキルシェアさんと顧問契約をされて、SWELL内部の細かい調整が常に行われるようになったそうです。

参考:SWELL公式サイト「高速化のプロ、「スキルシェア」さんと顧問契約を締結しました。」

WordPressのサイトの高速化に関しても、通常はプラグインを導入して行うことが多いのですが、SWELLではテーマの機能として高速化対策もできるのが最強ポイントになります。

難しいことがよく分からないブログ初心者さんでも、マニュアルを見ながら高速化設定のページにチェックを入れるだけで高速化設定ができてしまうので、ホント使いやすいです。

SWELL のデメリット

メリットをお伝えしたのですが、デメリットもあるのでまとめます。

  • 値段が高い
  • SWELL ユーザーが増えてきてデザインが似てくる

値段が高い

最初でもお伝えしましたが、SWELLの値段は17,600円(税込)なので、比較的有料テーマの中でも高額な方かなぁと思います。

他の有名な有料テーマの金額はこんな感じです。

こちらと比べると分かるのですが、大体有料テーマが10,000円から15,000円くらいといった感じです。

ちょっと高額なので、これからブログを始める初心者ブロガーさんには手が出しづらいかなぁと思います。

だけど、ブログを本気で頑張るために、自己投資だと思って、お金を使って「やる気を奮い立たせる」みたいに考える方もいらっしゃるようです。

どうしても人間なんで、無料でリスクなしで始めると、上手くいかなったらすぐに挫折なんて方も多いです。

なので、SWELL を購入することで、「せめてWordPressテーマ購入で使った金額は取り戻してやる」という気持ちで取り組むのもブログを頑張る理由になって良いかもしれません。

SWELL ユーザーが増えてきてデザインが似てくる

2021年のはじめくらいはSWELLを使っていたら珍しい方だったのですが、2022年に入って、既存のブロガーさんから新規ブロガーさんのほとんどが「SWELLが良い」「最強だ」とSWELL を使い出しました。

ですので、SWELL で作られたブログが世の中に増えてきました。

わたしは、結構、いろんな方のブログを読みにいくのですが、2022年に入ってからは、どのブログを見てもSWELL だったので、ちょっと残念な気持ちになりました。

SWELL でブログを作ると、どんなに綺麗に作っても、SWELL だなぁというのが分かってしまいます。

なので、SWELL を使うと、大体、基本的なデザインは被ると思ってていただけると良いと思います。

Cocoonのメリット

では、ここからはCocoonのメリットです。

  • 無料で使える
  • ブロガーに優しい機能が豊富
  • Amazon・楽天のアフィリエイトをしやすい
  • スキンを使えば一瞬でオシャレなデザインに変更可能

無料で使える

最初でもお伝えしましたが、Cocoonは無料で使えます。

無料のWordPressテーマではあるのですが、有料と同じくらい優れた機能がついています。

Cocoonの使い方マニュアルページを見てもらったら分かるのですが、以下のような機能の解説がまとめられています。

Cocoon公式「使い方マニュアル」

WordPress無料テーマなのに、これだけたくさんの機能があるのはすごいです。

ブロガーに優しい機能が豊富

Cocoonはブロガー向けに創られたテーマのようで、ブロガーが嬉しい手軽に広告を挿入できる機能が入っています。

  • アドセンス広告の挿入
  • ランキング作成

アドセンス広告は、挿入するのにプラグインを使うことが多いです。

だけど、Cocoonでは、1つの広告を貼るだけで、いろんな広告フォーマットを自由に選択して広告を挿入できるようになっています。

Amazon・楽天のアフィリエイトをしやすい

Cocoonでは、元々の機能にAmazonや楽天のアフィリエイトを見やすく入れ込むことができるAPI設定があります。

画像引用元:Cocoon公式サイト

このAPI設定を使うことで、上記のように、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングのリンクを並べて表示することができます。

こういった、アフィリエイトリンクの表示は、普通はプラグインを入れないといけない設定だったりするので、Cocoonは本当にすごいテーマだと思います。

スキンを使えば一瞬でオシャレなデザインに変更可能

Cocoonの最大の特徴に、スキン機能というのがあります。

スキンというのは、すでにデザインされたモノを丸っと入れ込むことができる機能です。

Cocoonは、スキン機能があることで、どんなにWordPressを使えない初心者さんでも一瞬でオシャレなデザインのブログを作ることができます。

画像引用元:Cocoon公式サイト

上記のように、全体カラーとかヘッダー部分の設定とか、もうすでにデザインが作られています。

ですので、「Cocoon設定」→「スキン」から好きなスキンを選んで「変更を保存」をかければ、すぐに選んだスキンのデザインに変更することが可能なのです。

ちなみに、このスキンですが、100種類ほどありますので、どんな方でも好きなデザインが見つかるのではないでしょうか。

Cocoonのデメリット

では、メリットをお伝えしたので、デメリットに関してもまとめていきます。

  • Cocoonを使っているとすぐにバレる
  • カスタマイズが難しい

Cocoonを使っているとすぐにバレる

最初のデメリットですが、SWELLでも書いたように、利用者が多いWordPressテーマを使うと、どうしてもいろんな人とデザインが被ってしまうんです。

Cocoonは、特に無料で気軽に使えるテーマなので、利用者さんはめちゃくちゃ多いです。

ですので、ブログを見ていると、「このブログ、Cocoonを使っているな?」と思うブログを見かけることがあります。

ちなみに、どういったデザインがCocoonっぽさが出てしまうかと言うと、スマホの場合は、ヘッダーモバイルボタン・フッターモバイルボタンの部分です。

↓こちら

これはCocoonでは、デフォルトで設置してあるので、あえて消さない限り、勝手についているんです。そして、上記の画像は、カスタマイズで色変更をしていますが、通常は、白背景にアイコンが黒のシンプルなモノです。

このデザインが入っていると、「Cocoonを使ってるんだなぁ」って感じになってしまいます。

あと、スキンをそのまま利用している方は、「Cocoonのスキンでブログを作ったんだなぁ」と思ってしまいます。

それに、スキンは、他の方も利用していることがあるので、丸っとデザインが一緒というブログも出てきます。

ただ、この辺は、WordPressを使っている人ではない限り、そこまで気づくところではないので、そんな気にならないなら良いと思います。

カスタマイズが難しい

Cocoonには、かなりたくさんの機能が元からついています。

先ほどメリットのところで、お伝えしたように、「マニュアルページ」を見ると分かるのですが、以下のような機能を使えます。

Cocoon公式「使い方マニュアル」

これだけの機能が使えるというテーマ自体が珍しいので、すごく嬉しいことではあるんです。

だけど、ブログ初心者さんにとっては、困ることなのかなぁと思います。

ブログ初心者さんは、そもそもワードプレス自体の操作に慣れていないので、Cocoon設定に書かれている内容が「暗号に見える」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

どこをどうしたら自分がやりたいことができるのかが分からなくて、Cocoonが使いこなせないという方も少なくありません。

こういった感じで、機能が多すぎるというのは、ちょっとデメリットになるのかと思います。

ブログ初心者はどっちのWordPressテーマがおすすめ?

ここまで、SWELLとCocoonのメリット・デメリットをまとめてきました。

結局、ブログ初心者さんだったら、どちらのWordPressテーマを使うのが良いのかを知りたい方もいらっしゃると思います。

結論をお伝えするとこんな感じです。

  • SWELLがオススメな方:見た目が綺麗なブログを作りたい
  • Cocoonがオススメな方:アフィリエイトやアドセンスで稼ぐのを優先したい

ブログ初心者さんで、見た目が綺麗なブログを作りたい方は、SWELLにしとけば間違いなしです。

特に、女性の方は、SWELLを使われた方が、使いやすいし、デザイン性も高いしで、オススメになります。

一方、特にブログのデザインというよりも、アフィリエイトやアドセンスで稼ぐ方を優先したい方は、Cocoonで十分だと思います。

あと、考え方としては、WordPressテーマは、途中で変更することも可能ですので、

  • 収益が発生したら変更する
  • とりあえず無料ではじめて20〜30記事書いてみてから考える

このような感じで、無理に最初から有料テーマ「SWELL」を選ばなくても良いと思います。

最初は、Cocoonから始めてみて、Cocoonが使いづらかったり、ブロックエディターの編集に物足りなさを感じたりしたら、有料テーマを検討してみてください。

ちなみに、どっちのテーマも使っているわたしがオススメする方は、断然「SWELL」です。

というのも、ブロックエディターの編集がどんどん進化するのがSWELLだからです。

特に、「表」に関しては、今のところ、SWELLが一番、表の自由度が高いです。

表というのは、一番最初のところに載せている比較表です。

他のWordPressテーマを使ったことがなかったら分からないかもですが、SWELLは部分的に表の一部に色をつけることができます。

これができるのは、今のところSWELLくらいしかありません。(今後WordPress自体が対応していくかもですが・・・)

基本的に、綺麗な表を作りたい場合は、プラグインを導入する必要があります。

プラグイン不要で、元からの機能で表を作りやすくしてくれているSWELLは、めちゃくちゃ良いテーマです。

このような感じで、SWELLは、独自ブロックの使いやすさに関しては、本当に他のテーマとは比べものにならないくらい素晴らしいです。

わたしとしては、一押しするWordPressテーマは「SWELL」になります。

まとめ

今回は、今、WordPressテーマで「Cocoon」を使うのか、「SWELL」を使うのか迷っている初心者ブロガー向けに、徹底比較をしました。

最後におさらいすると、SWELLもCocoonも、どちらのテーマも素晴らしい機能がついています。

ですので、テーマを選ぶ際は、ご自身がどこにこだわりたいのかを考えて決めてください。

  • SWELLがオススメな方:見た目が綺麗なブログを作りたい
  • Cocoonがオススメな方:アフィリエイトやアドセンスで稼ぐのを優先したい

上記のような感じで、優先したいのはデザインなのか、収益化の部分なのかで検討するのが良いと思います。

この記事が、あなたのWordPressテーマ選びの参考になると嬉しいです。

SWELLに関しては、レビュー記事を書いていますので、気になる方はあわせてお読みください。

この記事を読みSWELLを導入しようと思われた方は、購入手順をこちらにまとめております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents
閉じる