おすすめWordPressテーマ「SWELL」レビュー・WordPressテーマを選ぶ時のポイントも解説!

ワードプレスのテーマってたくさんありすぎて困る・・・。
今、オススメのWordPressテーマってなんですか?

最近、この質問を受けることがかなり増えています。

WordPressテーマとは?
ワードプレスの見た目をカスタマイズできるテンプレートのことです。

わたしは、普段からワードプレスの制作代行をしているので、いろんなWordPressテーマを使ったことがあります。

例えば、STORK19・AFFINGER・JIN・THE THORなど・・・

そんなWEB制作をしているわたしが、「2021年現在、おすすめのWordPressテーマは?」と聞かれると、必ず答えるテーマがあります!!

それは、

SWELL(スウェル)

実際に「SWELL」は、わたしのWEB制作会社のサイトに使用しているテーマになります。

ひと言でSWELLの魅力をお伝えすると、誰でも簡単に、おしゃれでカッコイイブログを作ることができるところが魅力です。

そんな一押しのWordPressテーマ「SWELL(スウェル)」の感想レビューをまとめてみました♪

もし、今、「SWELL」に変更しようかと悩んでいる方向けに、「SWELL」がどうしておすすめなのかの理由をしっかりお伝えしますので、参考にしてみてください。

この記事では、「SWELL」のレビューと一緒にWordPressのテーマを選ぶ時の選び方もお伝えします(^O^)/

もし、今、WordPressテーマ「Cocoon(コクーン)」から変更を考えている方は、こちらの記事も参考にしてください。

参考記事:WordPressテーマをCocoonからSWELLに変更する方法を徹底解説!

では、今回ご紹介するWordPressテーマ「SWELL」はこちら。

まずは公式サイトもチェック!

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

もうすでに「SWELL」を購入しよう、と思ってこの記事にたどり着いた方は、こちらの記事には、「SWELL」のテーマ購入の流れから購入後のインストール方法をまとめています。

contents

YouTubeでもレビュー動画をアップしました

文章を読むのが苦手な方は、動画でも同じような解説をしています。

WordPressテーマ「SWELL」とは?

「SWELL」は、2019年3月にリリースされたWordPressテーマです。ブロックエディター(Gutenberg)に完全対応しているテーマになります。
※ブロックエディターについては、次の特徴で詳しくお伝えします。

SWELLの基本情報は以下の通りです。

テーマ名

SWELL(スウェル)
価格17,600円(税込)※買い切り型
開発者了さん
対応バージョンWordPress5.5以上
PHP7.3以上
対応ブラウザEdge / Chrome / Firefox / Safari (各最新版)
ライセンス100%GPL(複数サイトで使用OK)
サポート操作マニュアル
会員フォーラム
公式サイト公式サイトを見てみる

「SWELL」の特徴

SWELLが他のWordPressテーマとは違うところはこちら。

  • ブロックエディターに完全対応
  • 1度の購入で複数サイトに使用できる
  • LP(ランディングページ)の作成もできる
  • 表示速度が速い
  • 開発者さんのスキルが優秀すぎる

こちらを詳しく解説します。

ブロックエディターに完全対応

最初でもお伝えしたのですが、SWELLはブロックエディターに完全対応をしています。

ブロックエディターは、2018年12月にWordPress5.0にバージョンアップした時に導入された、編集エディターになります。

こちらがブロックエディターです。

ブロックエディターの前は、クラシックエディターという編集画面でした。

WordPressにブロックエディターが導入された時、クラシックエディターは、プラグインを導入しないと使えないように大きく仕様変更されてしまいました。

ですので、WordPressは、完全にブロックエディターに移行をする流れになっています。

プラグインを導入して仕様していたクラシックエディターに関しては、そのプラグインのサポートももうすぐなくなってしまいます。

参考:Classic Editorは最低でも2022年までサポート!WordPress(ワードプレス)を使う人は注意です

なので、WordPressテーマで、ブロックエディターに完全対応しているというのは、今後WordPressを運用していく方にとっては大事なポイントとなります。

ちなみに、2021年7月に行われたWordPress5.8のバージョンアップの際には、サイドバーやヘッダーフッターなどの設定をするウィジェットのところもブロックエディターを使わないといけなくなりました。

参考:WordPress5.8バージョンアップ後に追加された「ブロックウィジェット」について〜従来の形に戻す方法

1度の購入で複数サイトに使用できる

SWELLは、一度購入したらずっと使用できるテーマです。

一般的なテーマは、1回購入したら自分のサイトだけ(1サイト)にしか使用できないという規約になっていることが多いです。

SWELLは、100%GPLなので、複数サイト使用OKになります。

SWELLは、100%GPLなので、複数サイト使用OKになります。

今後、WordPressを複数運営していくつもりの方にとっては、SWELLはオススメです。

それに、サイトの代行制作をするような方も使えるテーマになります。
(サイト代行の場合は、クライアントさんはSWELLのサポートなどは利用できないので、制作者さんが必ずSWELLサポートまで請け負ってあげることになります。)

注意!

100%GPLだからと言って無料配布したり転売するのはNG!!

https://twitter.com/ddryo_loos/status/1457968763861565442?s=20

クライアントさんに対して使うとかだったら良いけど、単純にSWELLテーマをばら撒くのはいけません。

今後、そういったテーマ転売に関しては、制限がかかるようなので、ご注意ください。

あと、SWELLのテーマを無料で配っている人がいたら、そちらも注意してください。

転売テーマは、マルウェア(ウィルス)が仕込まれている可能性大です。かなり危険です。

https://twitter.com/ddryo_loos/status/1458047589853454336?s=20

LP(ランディングページ)の作成もできる

SWELLは、LP(ランディングページ)の作成もできるWordPressテーマです。

ランディングページとは、1枚モノの長いページになります。

ちなみに、わたしが作っているLPはこちら。

LPを作りたい時ですが、普通は、ランディングページ作成専用のWordPressテーマかプラグインを使用しないといけません。

SWELLには元々LPが作成できる機能が付いているので、LP作りもしないといけない方にはとても嬉しいポイントです♪

表示速度が速い

SWELLは、表示速度が高いということでもかなり有名です。

他のテーマからSWELLに変更した人の多くが、「表示速度が上がった」と喜びの声をアップして居たのをみました。

なぜ、SWELLがそんなに表示速度が速いのか?ですが、CWV(コアウェブバイタル)の改善に力を入れているからです。

https://twitter.com/ddryo_loos/status/1428250880931946501?s=21

CWV(コアウェブバイタル)とは、読み込み時間とかページコンテンツの視覚的な安定性などのページが表示されるまでのスピードに関することです。

SWELLの開発者さんは、高速化についての対策をしっかり改善してくださっているので、高速化対策方法が分からない初心者さんも簡単に設定できます♪

開発者さんのWordPressスキルが優秀すぎる

上記の高速化対策のお話とも近いのですが、SWELLの開発者さんのWordPressスキルはめちゃくちゃ優れています。

WordPress自体のアップデートが頻繁に行われているのですが、そのアップデートに即対応してくれて、さらに、よりテーマが使いやすいようにSWELLにも新しい機能を追加してくれます。

昔のテーマだと、最近のWordPressのアップデートの速さについていけていないことも多いのですが、SWELLのスピード感は凄いです。

SWELLだったら、ずっと安心して、常に最新状態のものが使用できるのではないでしょうか。

ちなみに、2021年7月にWordPress無料テーマ「Cocoon」が「SWELL」と業務提携をしました。

https://twitter.com/ddryo_loos/status/1418496108926541827?s=21

SWELLの開発者さんは、Cocoonの開発者さんのサポートをしつつ、どっちのテーマもしっかり磨いていくそうです。

WordPressの開発者さんは、かなりWordPressの進化の速さについていくのが大変のようです。

CocoonというWordPress無料テーマでは最強のテーマの開発者さんでさえ、大変な苦労をされていたのではないでしょうか。

このように、SWELLを作られた了さんは、めちゃくちゃ優秀なテーマ開発者さんです。安心して使えるテーマですね♪

以上、SWELLの特徴についてまとめてみました。

他にもたくさんSWELLには特徴がありますので、詳細はSWELL公式サイトをチェックしてみてください。

SWELLの特徴を見てみる

「SWELL」をオススメしたいポイント【実体験レビュー】

女性起業家向けWEB制作会社「Lifation(ライフェイション)」

SWELLを使ってみたわたしが、SWELLをオススメしたいポイントをお伝えします!!

ズバリこちらです。

ブロックエディター
テーマ専用の独自ブロックが充実している

補足:WordPressテーマを選ぶ時のポイント

わたしが思うことですが、今後WordPressテーマを選ぶポイントとして、「ブロックエディター(Gutenberg)がどれだけ使いやすくなるか」が肝となると思っています。

もし、ブロックエディター(Gutenberg)がよく分からない方は、こちらの記事を参考にしてください。
> Classic Editorは最低でも2022年までサポート!WordPress(ワードプレス)を使う人は注意です

ブロックエディターの使えるブロックには、WordPressテーマ専用のモノがあります。

WordPressテーマ専用の独自ブロックは、使っているテーマで内容が違います。

この専用ブロックがどれだけ充実しているかで、WordPressテーマを選ぶことをオススメします。

WordPressテーマ「SWELL」の充実したブロックエディター

画像引用元:「SWELL」公式サイト

SWELLの独自ブロックは、「こんなことできるかなぁ」がなんでも叶うブロックばかり入っているので、ホントに記事が書きやすくなります。

では、ここで「SWELL」専用の使えるブロックを一部ご紹介します。

  • 吹き出しブロック
  • ボタンブロック
  • アコーディオンブロック
  • キャプション付きボックスブロック

「SWELL」吹き出しブロック

最近は、ブログ記事内に吹き出しを使いたいと思う方が増えています。

ですので、吹き出し専用のブロックも入っています。

吹き出しブロックは、今は、どのWordPressテーマにも入っているんですが、昔のWordPressでは、プラグインで追加機能で入れないと使えなかったんです。

吹き出しはこんな感じです。

「SWELL」ボタンブロック

ボタンの種類を4パターンから選ぶことができて、ボタンを光らせたりすることができます。

「SWELL」アコーディオンブロック

アコーディオンは、クリックで開閉が自由にできるモノになります。

使う用途としては、Q&Aとかの入力をするときに使えたり、補足文章が長くなった場合に、隠したりすることができます。

「SWELL」キャプション付きボックスブロック

キャプション付きボックスは、見出し付きのボックスになります。

SWELLの見出し付きボックスがいいなぁと思ったのは、見出しの種類パターンが多かったというところです。

ボックスのパターンを変えれるのは嬉しいなぁと思います。

このように「SWELL」独自ブロックを4つご紹介したんですが、もっと他にも便利なブロックがあるので、この独自ブロックの使いやすさは、ホントにオススメです。

他にも使えるブロックが気になる方は、公式サイトをのぞいてみて下さい。

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

補足:SWELLは旧エディター「クラシックエディター」では使えないの?

散々、SWELLはブロックエディターでの利便性が良いとお伝えしたのですが、旧エディター「クラシックエディター」では使えないのか?と気になる方もいらっしゃるはず・・・。

SWELLは、旧エディターのクラシックエディターにも対応しているので、安心してお使いいただけます。

ですが、SWELLの最大の特徴は、「ブロックエディターに完全対応」なところです。

SWELLを導入したのに、ブロックエディターを使わないのは、もったいないなぁと思います。

WordPressテーマ「SWELL」はテキストを入力するときも装飾が充実【実体験レビュー】

SWELLでは、独自ブロックが一押しのポイントなんですが、テキスト入力するときの装飾も豊富に選べるのが嬉しいです。

テキスト入力すると、右側のメニューにあるブロックタブで、文字の装飾を選ぶことができるんです。

ボーダー設定は、枠を入れることができます。

スタイルは、背景とかカッコとかテキストにつけられるようになります。

こんな風にテキスト入力も簡単にできるのが、めちゃくちゃいいです。

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

「SWELL」で作ったサイトをお見せします

「SWELL」のテーマを使ったらどんなサイトを作ることができるのかをご紹介します。

わたしが今作っている、自分のWEB制作会社のサイトです。

実際のサイトを見たい方はこちら。

> ライフェイションのサイトはこちら

見てもらうと分かるのですが、かなりおしゃれなサイトが作れます。

ここでお見せしたサイトは、会社のホームページになるのですが、個人のブログとしても使えるテーマになります。

「SWELL」で作ったサイトは、「SWELL」公式サイトに掲載されていますので、チェックしてみて下さい。

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

WordPressテーマ「SWELL」の費用は?

ここまで解説すると大体の方が、「めっちゃ良い!!」と言ってくださるのですが、気になるのがテーマの価格です。

SWELLは有料のWordPressテーマになるので、費用が17,600円(税込)かかります。

ちょっと高いな・・・と思う方が多いのですが、SWELLは買い切りになるので、一度支払えば、特に管理料とかを支払ったりする必要はありません。

それに複数サイトで使用するのもOKなんです。

わたし的には、SWELLを導入することで、他の方とは違ったかなりおしゃれなサイトが作れるのだったらこのくらいの価格は良いのかなぁと思います。

それにテーマ独自の機能が充実しているという点では、そんなに高いテーマではないです♪

まとめ:他の人とは違ったおしゃれなサイトを作りたいなら「SWELL」がおすすめ♪

今回は、WordPressテーマ「SWELL」を使った感想レビューをお伝えしました。

今、WordPressテーマで何を使ったら良いのか迷っている方に、わたしが全力でオススメするのは「SWELL」です。

その理由は、ズバリ!「ブロックエディターでの独自ブロックの豊富さ」です。

今から、WordPressテーマを選ぶ時は、断然、ブロックエディターがどれだけ使いやすくなるかになります。

他の人とは違ったおしゃれなサイト作りをしたいと思っているのでしたら、使ってみて下さいね!!

WordPressのプロとして活動中の
ゆかイチ押しのWordPressテーマ

WordPressテーマ「SWELL」公式サイトはこちら

この記事を読み「SWELLを購入しよう」と思われた方は、「SWELL」のテーマ購入の流れから購入後のインストール方法をこちらの記事にまとめてみましたので参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる